最近のトラックバック

« 第32回全国マシンローイングB大会高知県大会 | トップページ | 鹿児島国体高知県成年男女選手の募集について »

2020年1月24日 (金)

高知市でエルゴB大会 県内外42人が激漕!

全国マシンローイングB大会高知大会が2020年1月18日、高知市の高知工業高校トレーニングセンターで開かれ、42人(エントリー47人)の選手が白熱した闘いを展開しました(写真、記録参照)。

高知県ボート協会などの主催で、県内でのB大会開催は昨年続き2回目となります。県高等学校冬季ボート選手権も兼ねており、県内の選手にとっては日頃の練習やオフシーズンの目標にもなる大切な大会です。

今回は四国内や北陸、関西からもたくさんの参加がありました。選手の年代も高校生から60代までと幅広く、小規模ながら熱気に満ちた大会となりました。昨年同様、エルゴメーター6台によるレースをスクリーン上で艇の漕走に見立てることができるE-Rowシステムを採用。選手は自身のマシンの数値やスクリーンを見ながらペース配分をしたり、駆け引きをしたりし、観戦者もスクリーンに目を凝らしながら選手に声援を送ったり、げきを飛ばしたりしていました。

全レース終了後には、正式な競技ではありませんが、1クルー4~6人による2000mリレーも行われ、ハイピッチなレース展開に会場は大いに盛り上がりました。

記録は、県外選手の力漕もあり、多くの年代で昨年を上回りました。高校生は男子が坂出商業高校の上戸選手、女子も同じく坂出商業高校の中野選手が優勝。20代は沖田選手(香川大)、30代は桶谷選手(小松RC)がトップでした。県外選手の活躍に、県内勢も刺激を受けた一日でした。

各選手はさらにレベルアップを図り、水上や来年のマシンローイング大会で再会することを誓い合いました。
Img_20200123_101549 
Img_20200123_101338

2020

« 第32回全国マシンローイングB大会高知県大会 | トップページ | 鹿児島国体高知県成年男女選手の募集について »

2020年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第32回全国マシンローイングB大会高知県大会 | トップページ | 鹿児島国体高知県成年男女選手の募集について »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ